ビオ・クラインガルテン Bio-Kleingarten

ドイツの首都・ベルリンで小さなお庭(クラインガルテン)を借りました。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ワイルドストロベリーがパワフルに繁殖 :: 2016/01/30(Sat)

いつの間にやら2016年ですが... 今回の記事は2015年の初夏の写真(-_-;)

ワイルドストロベリーの苗を買って植えたのは2014年。普通のイチゴと両方植えたのですが、とにかく初年度は両方ともナメクジに食べられまくりで全然収穫できませんでした(^_^;)

で、2015年はもう畑でイチゴを収穫するのは諦めようと思って、植えっぱなしで放置してたのですが。
DSC_0741.jpg

そしたら、冬を越したイチゴが暖かくなったらぐんぐん伸びてきて。雑草も生える隙間がないほど密に葉が茂り、そしたらナメクジも食べきれないほど実がなったらしくて... 2015年は予想外にイチゴがたくさん採れました! まさかの放置プレイが良かったようで(笑)。

DSC_0750.jpg

↑ワイルドベリーは、本当に小さい! 直径1cmに満たない小さなイチゴを地味~に摘んで。

そのまま食べても薫りが強くてすごく美味しかったですが、ある程度まとまってからジャムにしました。

DSC_0697.jpg

名前の通り、野性味あふれる力強い味わいのジャムができましたよ。

この調子なら、今年の初夏もたくさんの実をつけてくれそうです。放任栽培バンザイ!



ブログランキングに参加しています!
読んだよ!の印に↓ここをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ

スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. ベリー類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
小屋の屋根を修復 :: 2015/10/27(Tue)

今年は、ベルリン生活始まって以来最も、いやベルリン観測史上でも最も暑い夏となり、35度超えの日がバンバンあって、逆に暑すぎて庭によりつかない日が多かったのですが(^_^;)

暑くなる前に、今年一番のアクションだったのは小屋の屋根の修復。 強風のときにはがれてしまって、もともとボロかった屋根がさらにボロボロで見苦しい状態に(-_-;) これはさすがに直さないと。
DSC_0602.jpg

はがれてしまったボロボロの屋根もそうだし、庭を借りたときからそうだったこの朽ちたトタン屋根もそもそも嫌だったし。
DSC_0601.jpg

というわけで。やっぱりドイツ、DIY!なんでも自分たちで直します(笑) 夫と、小屋を建てた経験のあるお友達が2人でテキパキ作業。建材はすべて近くのホームセンターで揃うから、パパッとネットで必要な材料や作り方を調べて準備。
DSC_0606.jpg

古い屋根の素材をはがして、新しい板を渡して、その上に屋根用のロール状になったシートをかぶせていくだけ。
DSC_0609.jpg

2日に分けましたが、合計5-6時間の作業で完成!素晴らしい出来☆ 私は何もしてませんが(笑)さすがドイツ男子!!
DSC_0664.jpg

見た目もずっと良くなったし、これでこの物置小屋はあと10年は使えるかな♪



ブログランキングに参加しています!
読んだよ!の印に↓ここをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 日々の出来事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
今年はブロッコリー栽培に初挑戦! :: 2015/07/16(Thu)

あら~、前回のブログ更新から半年以上経ってました(^_^;) ネタはいっぱいあるのに手が回らない。でも備忘録として、書きます!

今年は初めて、ブロッコリーの苗を買ってきて植えました。 いつも花を買うお店で、苗6株セットで2ユーロくらいだったかな?
DSC_0610.jpg
これは植えてからしばらく経ってますが、5/26の写真。 植えたのは5月中旬くらい。 他にもすでに色々植えました。チャイブは3年目。ずっと元気。

DSC_0665.jpg
こちら6/2の写真。上の写真から1週間で、けっこう大きくなってます。水も、そんなにこまめにやっていなくて完全放置でしたが...。

苗を植えてから1か月半くらいで、こんなに立派なブロッコリーが!!
DSC_0877.jpg
直径13~14㎝くらいある、十分売り物になるレベルの無農薬ブロッコリー!

同時に植えたから、6株ほぼ同時に大きくなって、しばらく毎日食卓にブロッコリーでしたが(笑)、美味しくて大満足!
DSC_0881.jpg

「こりゃー全然虫もつかなくてラクだしいいわー。」と思ったのですが、虫はちゃんとついてました。アブラナ科だから、やっぱり小さい青虫みたいなのが(しかもブロッコリーと全く同じ色で見えにくい!) こっそり中のほうに隠れてました。 カットして小房に分けるときに、ものすごくじっくり見て、退治。

育て方とか、全く調べないでただ苗を植えて収穫したので(←調べろよ!(笑))、収穫後「あれ?残った葉っぱはどうしようかなー。」と思ったのですが、よく見たら脇のほうから小さな「子ブロッコリー」みたいなのが出てきてたから、そのまま放置しておいたら10日後には最初に収穫したのの 1/5 くらいの大きさの立派な(?)子ブロッコリー(×2株)になってました!
DSC_0910.jpg

そこから調べたら、これはちゃんと側花蕾(そくからい)という名前がついてて、やっぱりこれもどんどん収穫できるらしい(最初に収穫したのは 頂花蕾(ちょうからい))。たまにBIOのスーパーで売ってるブロッコリーがやけに小さいから「?」と思ってたのですが、あれはこの側花蕾だったのねー。 ちなみに7/15の今日時点では、「孫ブロッコリー」の収穫ができました!あと何回くらいこの側花蕾で収穫できるのか、楽しみです。



ブログランキングに参加しています!
読んだよ!の印に↓ここをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 野菜づくり
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
今年はリンゴが大豊作でした! :: 2014/10/02(Thu)

前回の記事(もう3が月以上前ですが^^;)で書いたとおり、リンゴは花がたくさん咲いた結果、大豊作となりました。
P1200244.jpg
6月30日。まだ青くて固い。

結局、摘果もせずに実がなるままにしていたものですから、実が大きくなるに従って枝が重くなりすぎ、しなりすぎて太ーいメインの枝が一本折れてしまってかわいそうなことをしました...。 

枝を長く残していて、花がたくさん咲いたのはいいのですが、結果が「実が多すぎ」で「枝が折れる」ではダメだ!ということを学びました。 次回の春の剪定では、しっかり枝を減らして長さも調整しなければ...。
P1200759.jpg
9月3日。もう十分食べごろ!おそらく品種はボスコップ。

4本あるうちの2本の木にたっぷり実ったリンゴ。 いったいいくつくらい実がなったのか数えられないですが... ざっくりですが、ビニール袋にいっぱい入れて持って帰ってくると30個以上あって、それを10回以上は持って帰ってるから、それだけで300個でしょ。 

で、それは傷のないリンゴだけで、ちょっと傷があったり木から落ちてたもの(でもまだ食べられるから、通りすがりの人に寄付した分)はその3倍はあったでしょ。
P1210046.jpg
こうして、ちょっとだけ痛んでるけどまだまだ食べられるリンゴは袋に入れて外に出しておいて、通りすがりの人に自由に持って行ってもらいます。

で、大きな虫食いがあったり、樹上で痛んだから、コンポストに入れて処理したものがまた同じくらいあったでしょ...。
P1210045.jpg
処分するリンゴはIKEAの大きな袋に集めて、コンポストへ運びます

少なく見積もっても、2本の木に合計 二千個以上のリンゴがなってたはず...。 そりゃ多いわ。そりゃ枝も折れますね。

そんなに大量のリンゴどうするんだってことですが。今年は、スロージューサーを購入したのでニンジンと一緒にジュースにして毎日飲んだり。(それでも夫婦2人ではリンゴ1日5~6個消費がやっとですが。) お友達におすそ分けしたり、りんごピューレにしたり。
P1210044.jpg
無傷のものは、重ねないように大事に並べて日が当たらない小屋の中へ。1ヶ月くらいはこれで持つはず。

でも、実は4本あるうちの別の2本のリンゴには、今年は全く花も咲かなかったしもちろん実もつきませんでした...。 私達の剪定が悪かったかもしれないけど、それに加えてすでに木が古く、病気にかかっているようで枯れかけていました。

というわけで、そのうちの1本はプロ(といってもダンナの友達ですが)に来てもらってチェーンソーで一気に伐採。
P1200971.jpg

コンパクトなチェーンソーなのに、こんな太い木がこんなに簡単に切れるんだ!というほどサクサク作業が進んでいきます。
P1200974.jpg

カットした木は、薪として使えます。が、うちは暖炉とかないので引き取り手をネットで捜して、5ユーロで売りました。
P1200977.jpg
というか持っていってもらった。処分するにもお金がかかるので、誰かが持っていってくれるならそれだけでラッキーです。

もう1本の木も、来年の春の剪定のときに伐採してしまうかもしれません。でも庭を借りた最初の秋には小ぶりだけれどとてもおいしいリンゴがなった木なので、できれば品種の保存のためにも、接ぎ枝とか接木(?)で苗を新たに育てるのがいいのではないかと、プロの友人がすすめてくれました。

9月29日、お天気を見計らって全てのリンゴを収穫&選別して、庭の片付け。10月はベルリンを離れるので、その間リンゴが落ちると芝生が痛むので先にキレイにしておく必要があって。
P1210048.jpg

あまりのリンゴの数に、エンドレスに思えた作業でしたが、二人で作業したら2~3時間で終了。これで、もう今年は落ちたリンゴを拾わなくていいんだ...!という安堵感に包まれた瞬間でした(笑)。

去年全然実がならなかっただけに、今年の豊作は嬉しい反面、「またリンゴ拾わなきゃ~。」というのがプレッシャーでもあり。贅沢な悩みでしたけどね。 来年も、たくさん花が咲いておいしいリンゴがなりますように!


ブログランキングに参加しています!
読んだよ!の印に↓ここをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. Apfel : リンゴ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
2014年のリンゴの木の様子 :: 2014/06/19(Thu)

うちのリンゴの木。去年は寒かったせいか、私達の剪定がいけなかったのか、一番大きな木に花がほとんど咲かずに泣きそうだったのですが...。(去年の様子はこちら☆) 

今年は、春が来るのがとても早く気温も高かったおかげか、リンゴは大豊作になりそうな予感です! 2014年3月からのリンゴの様子をダイジェストで。

最初の芽吹きは、3月14日!(去年より1ヶ月も早い~。しかも去年の3月後半は雪の中だった...^^;)
P1180731.jpg(2014年3月14日)

同じ頃、新しい枝がどんどん上に伸びはじめました。これは、整理したほうがよかったみたい...(来年の自分の参考のためにリンク⇒☆
P1180727.jpg(2014年3月14日)

3月後半、だいぶ葉と蕾がついてきました!
P1180941.jpg(2014年3月25日)

蕾もだいぶふくらんでます。これも去年より1ヶ月早い。
P1190011.jpg(2014年4月1日)

もうすぐ、咲くな~♪ という気分最高潮のころ。実は、この翌日から私は日本へ一時帰国が決まっていたため...。
P1190091.jpg(2014年4月5日)

↓この、満開のリンゴの木を見逃しましたよ...^^;  
DSCF6478.jpg(2014年4月16日)

去年は咲かなかったから、今年こそはリンゴの木の下でお花見!と思ってたのに。無念...。
DSCF6475.jpg(2014年4月16日)

まあでも、これだけ咲いてくれてよかった。 逆に、去年花と実をつけた木2本は、今年は全然ダメそう。うーむ。

満開から2ヶ月。順調に実をつけて、先月はさくらんぼみたいな大きさだった実が、今は梅の実くらいになっています。
P1200051.jpg(2014年6月12日)

花を摘んだり、実を摘んだり... しようかと思ったのですが、商業栽培ではないし。「必要ない実は、リンゴの木が自然に落とすから。」というご近所さんの意見もあり、今年はほぼ放任することに。
P1200059.jpg(2014年6月12日)

6月に入り、すでに毎日小さな実が落ちてきています。それを拾うのもけっこう一仕事なので、やっぱり来年は摘果してみるかなぁ。この夏の様子を見て、勉強します。  とにかく今年の秋は、2年前と同じように毎日リンゴが何十個も取れそうです!


ブログランキングに参加しています!
読んだよ!の印に↓ここをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

  1. Apfel : リンゴ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。